Welcome to my blog

カルトナージュ アトリエ シュシュ

布、リボン、ボタン、アンティークが好き これらを生かせる方法はないかな?と考えていたらカルトナージュに出会いました。 カルトナージュをメインに旅や食もちょこっと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルトナージュレッスン


水曜日 木曜日と雨の確率が、高い気が、、。

お天気が、芳しくないときこそカルトナージュ日和。

マジックボックス、袱紗ケース、ウェットティシュケース
今日もいろんなテイスト。

出来上がりはこちら。



IMG_2991_convert_20170513011842.jpg
IMG_2992_convert_20170513011922.jpg


IMG_2993_convert_20170513012013.jpg

IMG_2990_convert_20170611194330.jpg
IMG_2986_convert_20170611194239.jpg


カルトナージュレッスン


急に暖かくなって
身体も心も戸惑う今日このごろです。

先月と今月はお道具箱、マジックボックスのレッスン。

お道具箱はグリーンのソレイヤード。
爽やかな柄で素敵です。

一見、地味な生成りのリネン.刺繍で一気に華やぎました。
鳥のレースも効いていますね!

ブルーのリバティも鮮やか。
厚地なので扱いやすい生地です。
綺麗に貼れましたね。

カードケースもリバティ。スキバルとの組み合わせ。

布1枚でこんなに雰囲気の変わるところが
カルトナージュの面白さですね。

IMG_2862_convert_20170420010020.jpg

IMG_2864_convert_20170420010211.jpg

IMG_2866_convert_20170420010301.jpg

IMG_2867_convert_20170420010403.jpg
IMG_2868_convert_20170420010438.jpg


IMG_2102_convert_20170420010709.jpg
IMG_2101_convert_20170420010547.jpg

カルトナージュレッスン


昨日のレッスン
一月、お休みいただいたので今年初のレッスンでした。

丸い携帯ミラー
ブルーグリーンの鶏の柄のはメジャーケース。
ピンクのソレイヤードはメモカバーです。

どれも可愛く仕上がり満足。

是非お使いくださいね!


IMG_1813_convert_20170216140632.jpg
IMG_1811_convert_20170216140720.jpg


IMG_1820_convert_20170216140836.jpg

IMG_1822_convert_20170216140904.jpg
IMG_1821_convert_20170216140930.jpg
IMG_1823_convert_20170216140958.jpg
IMG_1824_convert_20170216141051.jpg
IMG_1826_convert_20170216141122.jpg
IMG_1827_convert_20170216141204.jpg






アルベロベッロとロコロトンド


アルベロベッロは、日本人にも人気の世界遺産ですが、
小さな街なのでくるっとすぐに一周できてしまいます。

宿泊するなら、断然ロコロトンドがおススメです。
こちらの街の散策も楽しかった。

何より、空港までの送迎(事前予約で)をして下さったので
遅い便で乗り換えの私達にありがたい事でした。
イタリア文化学院で日本語講師されていたマリアさんがいらして
そのホスピタリティには感動しました。

一軒家なので、長期休暇にもぴったりだし、ご家族連れには最高。気兼ねがないです。
お庭でバーベキューとかも出来るようです。
それに自炊が出来るので、毎朝美味しいコーヒーを自分で入れていました。

某有名サイトにも載っていますが、こちらに
記しておきます。

Trulli Convertini (宿泊先の名前)

Contrada Ianella 53 Loc.San Marco (check in SP 227 Sallonica 38), San Macro












イタリアの旅 ロコロトンド マテーラ アルベロベッロ


今回のイタリアの旅。
始めはバーリ、アルベロベッロ、マテーラの予定でした。

『トゥルッリに泊まりたければ紹介してあげる』という先生の言葉で急遽変更。
ロコロトンドというアルベロベッロ近くの宿に泊まる事に。
バーリ空港に、お迎えにも来てもらう。有り難い展開。

日本語が出来るマリアさんがお迎えに。
飛行機が遅延し、夜中の12時頃になっていた為、宿に着いたのはもう1時半(夜中)。
なのに、あれこれ明日の予定を考えてくれるマリアさんのホスピタリティに感激。

広いトゥルッリにはしゃぐ私達。台所や道具も付いてるので自炊が可能。
洗濯機もあり、長い滞在や家族連れも遠慮なく過ごせそう。

翌日は、宿からマリアさんが車で近くのスーパーへ連れていってくれて
お土産に良さそうなお菓子など食べ物を購入。

そして駅へ。
眠れていないので歩くのがちょっと辛い。
おすすめの手芸屋さんへも歩いていってみた。
手芸屋さんは、タディングレースの小物がいっぱい。かわいい!

一人は鍾乳洞へ。
私ともう一人のJさんはアルベロベッロ観光。
駅から歩いていくと「静かな町ね〜。人がいない。。」
そこで気がついた!『あ!シエスタでは?!』
そう。まさにお店も閉まっているし。南イタリアのシエスタ。まだある習慣なのねえ。

この後、マテーラやアウタムーラでもシエスタの洗礼にあう。

しかしどこでも猫が多い。
猫が安心して過ごせるのんびりした良い街々。

IMG_0462_convert_20161108191223.jpg

IMG_0317_convert_20161108191654.jpg

IMG_0463_convert_20161108191316.jpg







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。